キッチンリフォームの進め方

男女を問わずに料理好きな方は、キッチンの機能性や使い勝手にこだわる事でしょう。ましてや住宅は新築して十年も経過すると、流し台やガスコンロが古くなったり設備機器類の機能性が悪くなったりして、キッチンリフォームの必要性が出てきます。そこでキッチンリフォームをする場合に、どの様に進めたらよいかを考えて見ましょう。まずどの様な目的でリフォームを行うのかを書き出してみましょう。

例えば流し台が古くなったので、新型のシステムキッチンに入れ替えたいとか、子供と一緒に料理をするのにキッチンが狭いので広げたいとか様々な目的が出てきます。それらに優先順位をつけて、必ず実行したい事と余裕があったらやりたい事に分けて進めるようにしましょう。キッチンリフォームで注意する事は、流し台やガスコンロなどの並びです。今まで長年習慣付けられた動線があるので、並びを逆にしたりすると最初はスムーズに進められずに戸惑う事もあります。

ですから流し台やガス台は今まで通りの並びにすると、戸惑う事も無く自然と体が動きます。またキッチンリフォームは給排水にガス工事また電気工事と全てが関係するのでそう簡単に出来るものではないので、予算が許す限り流し台にガスコンロや設備機器類は最新式のものに取り替えることをおすすめします。また忘れてならないのが住宅用の火災報知機です。消防法で定められているので必ず取付しましょう。

キッチンリフォームは動線に機能性そして安全性に注意して進めると、使い勝手の良い料理が楽しくなるキッチンに様変わりするでしょう。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.